伊勢崎市の新築一戸建て・不動産売却 > センチュリー21ゼクストプランのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建て購入前に知りたい!省エネ認定制度「BELS」とは?

一戸建て購入前に知りたい!省エネ認定制度「BELS」とは?

≪ 前へ|不動産購入時に知っておきたいサイディングとは?メリットとデメリットを解説   記事一覧   不動産購入時に知っておきたいサイディングとは?メリットとデメリットを解説|次へ ≫

一戸建て購入前に知りたい!省エネ認定制度「BELS」とは?

近年、建築法の改正や新しい技術により、断熱や気密の性能が向上しています。
そこで今回、省エネ性能の表示であるBELSとはなにか、メリットはなにかを解説いたします。
ぜひ、一戸建て住宅購入を検討されている方は記事を参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

省エネ性能であるBELSの一戸建てとは?

BELSとはベルスと読み、一戸建て住宅やマンションなどの建物の省エネ性能を表示する制度のことです。
新築・中古の建築物における省エネ性能を、第三者機関が評価し認定しています。
BELSは平成28年4月より運用開始され、第三者機関が評価することによる高い信頼性が特徴です。
そのため、建物の省エネ性能や資産価値を示すひとつの指標となっています。
BELSの評価性能は2種類あります。

外皮性能

外壁や屋根、窓などの、住宅の外周部分の性能です。

一次エネルギー消費量


●給湯設備
●暖房設備
●冷暖設備
●換気設備
●照明設備


一次エネルギーとは、水力・火力・太陽光などの自然から得られるエネルギーのことです。
BELSでは生活に必要な設備の稼働消費を合算し、一次エネルギー消費量を算出します。
また、一次エネルギー消費量によって、建築物の省エネ性能が5段階に評価されます。
BELSとよく似たものに「ZEH」がありますが、BELSは建物の性能を示すための制度をさすことに対し、ZEHは建物の種類を表しています。

省エネ性能の高い一戸建て!BELSを申請するメリットとは?

一戸建てでBELSを申請するメリットは3つあります。

建物の省エネ性能が5段階表示されている

BELSは、省エネ性能が5段階で表示されています。
わかりやすい表示により、燃費の良さや資産価値の高さを一目で判断することができます。

第3者機関による評価で安心できる

住宅会社のパンフレットなどでは独自評価が多いため、その住宅が正しく評価されているのか信頼性に欠けます。
その点、BELSは第三者機関が評価しているため、高い信頼性が特徴です。

ゼロエネルギー住宅の補助金申請が可能

省エネ性能が高い住宅はZEH(ゼッチ)住宅と呼ばれ、補助金の対象となります。
ZEHとは一次エネルギー消費量の収支がゼロになることを目指した住宅のことで、国をあげて推進しています。
ZEHの補助金を受け取るには、第三者機関による省エネ性能の認定が必要です。
BELSを申請すると、ZEHの補助金交付時に活用することができます。

まとめ

近年、ZEHやLCCM住宅といった、住宅の省エネ性能を高める取り組みが広がっています。
BELSは省エネ性能の表示であり、第三者機関から認定を受けるため信頼性が高いという特徴があります。
省エネルギーに興味がある方や、住宅に性能の高さを求める方は、住宅購入の際にBELSについて確認してみると良いでしょう。
私たちセンチュリー21ゼクストプランでは、お客様のこだわりにのっとった物件情報をご紹介します。
売却査定も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産購入時に知っておきたいサイディングとは?メリットとデメリットを解説   記事一覧   不動産購入時に知っておきたいサイディングとは?メリットとデメリットを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約